「文化の日」批判
NY-トーキョー行きがかりエッセー

back

ニューヨークを生活のベースに、日本とアメリカを行き来する生活を送っている。二つの異なる言語の文化圏を往復するのには、思いのほかに開放感が伴なうものなので、自分はとてもラッキーだと感じている。

逆に言えば、一つの言語空間だけに生きるのは随分キツイことのように思える。風通しの悪い出口無しの状態、八方塞がりに陥ることが容易に想像できるからだ。そんな時、他の言語空間に逃げ込めるのは、僕のような立場の強みといえるだろう。

たまたま先月の初めに日本にいた時も、僕の行動範囲は実家のある横浜と東京に限られていたが、時間を置いて眺めるそれらの街の風景は新鮮で、魅惑的に僕の眼には映るのだ。

文化の日」なんて日本の恥

今回の日本滞在では「文化の日」に行き当たった。テレビのニュースでは文化勲章受賞者の「お目通り」の様子が写し出されていた。僕は妙な居心地の悪さに襲われた。もともと11月3日は明治節(明治天皇の誕生日)で、戦後になって「文化の日」と名前が変わり、国民のための祝日になったわけである。

だけど考えてみれば「文化」を特別に祝う日がなくちゃならないなんて、マヌケな話である。それこそ文化意識が国民に根付いていないことを自ら認め、宣伝しているようなものだ。戦後、間もなくならいざ知らず、半世紀経っても未だ「文化の日」なるものが存在しなくちゃならない理由があるのだろうか?
あるとしたら、それはむしろ日本の恥と思うべきなんじゃないの?

文化勲章(1937年制定)はまぁ、しゃあないとしても、わざわざ祝日にする必要はないでしょう? 文化勲章なんて普通の日(平日)に授与すればいいのだ。そう思いませヌ? 
国民のために「文化の日」と称して祝日としその晴れ舞台で文化勲章などという国家の御墨付きの代物を権威化することは、よりいっそう文化の中心化、独占化に繋がるから百害あって一利なしである。日本で草の根的文化活動が根付かない原因の一つをここに見てしまうのだ、僕は。

日本のクリエーターは搾取されている

全般的に日本ではクリエーターと呼ばれる人たちの地位が低いのも、このような権威システムの弊害と無関係ではないだろう。例えば世界中であれだけの人気と高い評価を受け、日本の輸出産業として莫大な利益をあげている日本のアニメ。その立て役者たるアニメーターがどんなに過酷な状況で仕事をしているかが、海外のアニメファンの間で逸話になっているぐらいだ。

アニメーションというメディアに並々ならぬ愛情を持っている人にしか続けられない、損得度外視の愛の労働で成り立っている世界なのだ。だからこそ良い作品が生まれるともいえるだろうが、そんな見返りのない状態でいつまでも高いレベルの仕事が続けられるわけがない。

アニメーターだけでなく、ライター、デザイナーといった組織の底辺(または外部)で知的労働を担っている人たちがもっと金銭的にも優遇されるべきだろう。何故日本ではこの手の労働が搾取されるのだろうか。個人の生産性がもっとも重視されるべき時代だというのに・・・。

国家の御墨付き(お家芸)以外の場所でも数多くの面白い文化的な出来事、活動が営まれているわけだが、何せそれらを育てる土壌ができていない。それらを援助する私設基金があるわけでもなく、あるのはせいぜいひも付きの特殊法人(天下り天国)止まりだ。これでは文化勲章ひとつ取っても単なる文化国家のアリバイ作り以上のものではないと言われてしまうだろう。

行きがかり提案

そこで提案なのだが、宗教法人から税金を取って、それを文化振興基金としてNGOが運用するというのはどうだろう。日本の文化は元来、宗教によって形作られて来たという歴史がある。だから文化のための税金ということならば、宗教法人も納得するのではないだろうか。税金という名前が嫌なら、援助金と呼んでもいいよ。

文化は人と人を繋ぐコミュニケーションのスタイルである。それが無味乾燥になれば、その中で生きる人間関係も同じ運命。だからそろそろ社会的意識の高い宗教家にも一肌脱いでもらって、文化振興のインフラをもちぃっと構造改革しちゃおう。 (リキ)

関連サイト

http://www8.cao.go.jp/intro/kunsho/