page 1 of 2 | Next
あるアーティストのはじまりの話

Text by: 福本拓哉


「子供の頃、登山家に憧れて、友達と栃木の実家の近くの山を遊びで登りはじめたの。中学に入る頃には岩登りをおぼえて、ザイルなんかの道具を一通り揃えてまた近くの山に。その頃の僕のバイブルは、もちろん植村直己の『青春を山に賭けて』。物凄い感動と刺激を受けたなぁ。それから高校生になって迷わず山岳部へ。半年後には部長になって国内の3000メートル級の山を次々と制覇...」。

 こう書くと驚くかもしれないが、ここで紹介する早川克巳さんは、現在ニューヨークに来て6年目になるアーティストである。母親がやはり絵を描いていて、アートはとても身近なものだったという。二十歳の時に本気でアーティストになろうと思い、現役で日大芸術学部に合格。入学後は版画に惹かれた。かつての浮世絵の一枚一枚が、絵師、彫師、摺師といった職人の分業で仕上がっていったように、一度にワーッとは仕上がらない版画には、版画ならではのプロセスがある。そのひとつひとつが上手く積み重なって始めて目指すゴールに辿り着く。そのプロセスが心地よかった。卒業後も家で木版画を続けた。当時のドローイングには今の彼の作風の面影が見える。

In between
Oil, acrylic, resin on canvas
64" x 84"
2000
 彼にとってニューヨークとの出合いは半ば偶然だった。「日本の美術を巡る状況の時代性のなさが嫌だった。骨董品みたいな日本画なんかには物凄い高値が付いてるのに、若い作家を紹介する雑誌なんかのメディアがすごく少ない。新しいアートに投資するという考えがないから、いつまで経っても作品が不動産みたいな扱いしかされない。それに日本では、作品を発表しようとしても貸画廊に何十万も払わないといけない。それでも展示期間はせいぜい一週間で、結局友達がたくさん来て終わりだったり。作家たちはそれ以外にも制作費や生活費も稼がないといけなくて、それでもなんとか時間を作って、人生賭けてものを作っているのにね。そういう状況があるから、作家として食べてゆくには日本ではやり辛いと思った」。そしてある雑誌の中に、School of Visual Artsというニューヨークの美術大学の募集要項を見つけた。 

 はじめは特別ニューヨークでなければいけないということはなかった。極端な話、中国とかでも良かった。だからろくに英語なんか勉強しなかった。何よりもこの学校は、留学の壁でもあるTOEFLなしで受験することができた。ところが、「こっちの授業のやり方って、『口で作品を語らねばならない』のね。黙っていることは許されないわけ。でも向こうもやり手で、今までにたくさんの留学生を見てきて海外との教育の違いや言葉の問題を知ってるから、クラスでディスカッションやる時はまっ先に俺に当てるわけ。『克巳はどう思う?』って(笑)。こっちに来てからまだ1、2年だったし、英語での議論に馴染むまではちょっと時間がかかった」。